フリーランスで仕事を受注するときに登録しておくべきサイト5選

こんにちは、@Yoshimiです。

みなさん、コロナ禍でお仕事が不安定になり不安になっていることもあるかと思います。私も契約更新がギリギリになっていたりと少し不安な時期がありました。

お仕事を探す上でぜひ登録しておいて欲しいサイトをいくつかご紹介します。

フリーランスエンジニアが登録すべきサイト

フリーランスエンジニアが登録すべきサイトはいくつかあるのですが、エージェント選びで大切なことがあります。それは、「フリーランスで何をしたいか」です。技術力を高めていきたいのであればエンジニアに強いエージェントを選ぶべきです。PM/PMOを目指すのであれば、その職種に強いエージェントを選ぶべきです。Web系、業務系のどちら強いのかでも選ぶエージェントは変わってきます。エージェントによって保有している案件、お付き合いしている企業、そして商流があるので気にしながら登録することが納得のいく仕事選びです。

ということで、私がおすすめする登録すべきフリーランスエージェントサイトをご紹介します。

リモートビズ

リモート案件だけを紹介している【リモートビズ】は必須です。

正直、リモートでなくとも仕事をするのはよいですが、「交通費」「昼食代」「移動時間」を削減できるので支出は避けたいところです。正社員でもないので交通費も自腹が多いですしね。実際、私は2020年4月からの仕事はフルリモートなので交通費、食費でかなり浮きができています。

案件はあればそれでよし、面談も1時間もかからないので面談はしておくべきです。

BTCエージェント

平均単価80万円以上のハイクラスフリーランスエージェントです。サイト上ではフリーランスの皆様の平均年収は946万円以上!という・・・期待が持てるエージェントになります。1年以上の案件実績が80%を占めているので腰を据えてスキルアップに望めます。2年以上も40%と多く、更新時の単価交渉もしやすくなること間違いなしです。

5年後のキャリア、年収アップ戦略などにも相談にのってくれるので長いお付き合いができます。

ポテパンフリーランス

20代が中心の若手向けフリーランスエージェントサービスです。ポテパンでは、スキルに不安があるエンジニアの支援を行っていたり、就職できたら受講料無料というエンジニアスクールを運営するなど、エンジニアよりのサービスが充実しています。案件もベンチャーなど勢いがあったり、面白いサービス、能動的なサービスを運営している企業への紹介を行ってくれるなど若手向きなエージェントと考えられます。

Pe-Bank


Youtubeを利用している人であればCMもみたことがあるはずのPe-Bankでし。契約は共同受注という少し変わった形態をとっており、受託金額の8~12%をPe-Bankが受け取ります。その残りがフリーランスの収入となります。一体、いくらの案件なのかがクリアになっているエージェントです。

他のエージェントではなかなかみないサービスとして「書籍購入」「健康サポート」「資格取得のバックアップ」なども用意されております。これは稼働中に利用できるサービスなので、通常の収入プラスアルファと考えることができます。

また、大手との契約も多く高単価をねらうには登録しておくべきエージェントの一つです。

エミリーエンジニア

高いスキルがある方は年収1,000万円も可能。初めてフリーランスになる方には企業との条件交渉、契約周りのアドバイスなど、充実のサポートが用意されているエミリーエンジニアです。

エージェントが一気通貫でサポートしてくれるので情報連携でミスがおこることは非常に少ないです。過去、私はエージェント間のやりとりで不備があり案件の契約漏れということがあったので、そこのエージェントはもう依頼していません。

何社に登録すれば良いの?

私の感覚からすると3社〜4社には登録しておいた方が良いと思います。

理由は簡単です。エージェントによって保有している案件が異なる複数社に登録するです。

今まで、同じ案件を紹介されたことは今のところ一度もありません。確かに、Webサイトには同じ文言、同じ業務内容で「これってあのエージェントでも取り扱っているよな」と思う部分もありますが、基本それ以外の案件に入場することが多いと思います。ぶっちゃけ見せ案件なのかなと考えてしまったりもします。一応エージェントは連絡してくれているっぽいですが、企業名もクローズなので、ブラックボックスです。この辺りが非公開求人・会社名非公開のいやらしいところですね。

ですので、結局のところ複数のエージェントに登録して、案件を確認しながら進めていくことが良いわけです。

最後に

改めてまとめておきます。

おし、初めてのフリーランスデビューというのであれば、フルリモートは少し考え方を改めるのも良いです。フルリモートで業務委託は、企業プロパーからみると外注さんなので、ぞんざいに扱われることもあります。私もそうでしたが、案件着手もない時期があり、毎日、自分のスキルアップに時間を費やすというつまらない時間を過ごしていました。自由時間は多いのですが、仕事をしている感じはなく、待機という・・・それでもお金はもらえるのでよかったですけどね。

あと、自分を守るためのフリーランス向け「お金と保険」のサービス【FREENANCE(フリーナンス)】は登録しておくべきです。
FREENANCEの無料口座開設はこちら

フリーランス向けエージェントはどんどん増えてきているので、また後日紹介します。

まずは、今回紹介したエージェントに登録して話だけでもしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

Yoshimi

大学卒業して、キラキラしていたのでIT業界にはいりましたが、中身はブラックでした!!だから、投資技術を磨いて早くリタイヤしたいです。株価、Python、機械学習をもうもう勉強中です。