エックスサーバー仮想環境で「コマンドが見つかりません」の直し方

こんにちは、@Yoshimiです。

せっかく作ったPythonのDjangoアプリをローカルで確認しておくのももったいないので、レンタルサーバーにのせたいと思いエックスサーバーで作業中「-bash: brew: コマンドが見つかりません」にぶち当たったので解決した手順を残しておきます。

-bash: ●●: コマンドが見つかりません

エックスサーバーでDjangoを使いたくなり、構築中ことあるごとに

-bash: curl: コマンドが見つかりません
-bash: ls: コマンドが見つかりません

のエラーが出るようになってしまいました。

いろいろ調べてみるとすでにもう解決方法の記事があるので便乗させてもらいます。

エックスサーバーの仮想環境にログインし、viで以下のコマンドを入力します。

# .bash_profile

# Get the aliases and functions
if [ -f ~/.bashrc ]; then
. ~/.bashrc
fi

# User specific environment and startup programs
PATH=$PATH:$HOME/bin
export PATHeval $(/home/XXXXX/.linuxbrew/bin/brew shellenv)

と表示されます。XXXXXはエックスサーバーのIDです。

# User specific environment and startup programs配下の修正が必要になります。

export PATHevalをPATHとevalの間で改行します。

ではvimをesc→:wqで保存して、閉じます。

.bash_profileを反映させるには、一旦仮想環境からログアウトする必要があるので、ログアウトを行い、再度、ログインしてください。

そうすると、bashコマンドが復活しました。

ABOUTこの記事をかいた人

Yoshimi

大学卒業して、キラキラしていたのでIT業界にはいりましたが、中身はブラックでした!!だから、投資技術を磨いて早くリタイヤしたいです。株価、Python、機械学習をもうもう勉強中です。