Python×djangoでアプリを作っていく!【第1回】インストールから表示まで

こんにちは、@Yoshimiです。

何かアプリを作成したいと考え今更ながらdjangoに手を出し始めました。ということで、アプリ作成までお付き合いください。今回はインストールから表示までを頑張ります。
Python×django Vol.1です。

djangoインストール

私はmacでPython3.7インストール済み。

公式ドキュメントはhttps://www.djangoproject.com/download/です。ま〜英語です。

さて、早速インストールしていきます。よくpipコマンドは使うのでアップグレードしておきます。

その次にdjangoのインストールです。

はいこれで終わりです。簡単ですね。

djangoアプリ作成スタート

djangoもインストールできたのでアプリを作成していきます。
作業場としてwesiteというフォルダを準備して作業していきます。
ターミナルを開いていただきwebsiteまでいきましょう。

djangoプロジェクトを作成するコマンドを打ちます。

mysiteというフォルダができるのでそのフォルダに移動します。そして、アプリを作成するコマンドを打ちます。今回は日記紀のようなアプリを作成するのでdiaryとしてみます。

setting.pyの修正

基本的な修正・追記をします。setting.pyのINSTALLED_APPS = []部分に、’diary.app.DiaryConfig’,を追記します。アプリ名+app+アプリConfigです。アプリConfigはアプリ名フォルダのapps.pyのclassを読み込みます。

他、修正箇所として

があります。

管理画面を日本語にするためにLANGUAGE_CODEの修正、時間帯域を日本にするためにTIME_ZONEの修正を行います。

mysite > urls.pyの修正

アプリのpathを通すためにurls.pyのファイルを修正します。
ファイルを読み込むためのincludeを付け足します。そして、urlpatternsには、表示させたいurlを記述。urlがdiaryだった場合、diary.urlsを読みにいくということ。

diaryフォルダ内にurlを指定するファイルを作成する

urlがdiaryだった場合、diary.urlsを読みにいくということなのですが、そのpath通しが必要になるので、diaryフォルダ内に、urls.pyを作成します。

urls.pyで定義したindex関数を作成します。
diary > views.py

renderはhttpresponseを返すものです。第一引数にrequest、第二引数にどのテンプレートが該当するのかとなります。

diary(アプリ)フォルダ内にtemplatesというフォルダを作成し、アプリ名のフォルダ(diary)を作成します。そのフォルダに、htmlファイルを作成していきます。

基礎となるbase.htmlの作成、投稿一覧ページのday_list.htmlを用意してみます。
day_list.htmlは将来、ブログの一覧がずらっと並ぶページです。その大元となるページbase.htmlなどを準備します。

base.htmlを外枠として読み込み、中身はday_list.htmlです。
day_list.html

base.html

{% block content %}ここが読み込まれ領域{% endblock %}です。

ややこしいかもしれませんが、{% extends 'diary/base.html' %}がbase.htmlを引き継ぐ形です。そして、views.pyで設定している通りdiary/day_list.html部分がマッチし、返しているという形です。

ここまででなんとか表示できるものが作成しました。はずです。

表示してみる

djangoアプリサーバーを起動してみます。

無事作成できていれば下記のようなコードが表示されます。

http://127.0.0.1:8000/にアクセスしてみると確認できますが、アプリ設定としてdiaryを指定しているので、http://127.0.0.1:8000/diaryになります。

表示されましたか?
私はなんとか表示されました。

これから

とりあえずpythonとdjangoでページを表示させることはできました。途中で様々なエラーに遭遇したので、勉強しつつ進めていきます。


なりたい自分になれる
スキルアップならUdemy

私も利用し、高収入エンジニアになったのよ。未経験から機械学習、データサイエンティスト、アプリ開発エンジニアを目指せるコンテンツが多数あります。優秀な講師が多数!割引を利用すれば1,200円〜から動画購入可能です。!

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業して、キラキラしていたのでIT業界にはいりましたが、中身はブラックでした!!だから、投資技術を磨いて早くリタイヤしたいです。株価、Python、機械学習をもうもう勉強中です。経済的自由を手に入れて農家やりたい!