PythonでAndroidアプリが作りたい!其の一

こんにちは、@Yoshimiです。

機械学習を取り入れた株価予測システム(と言っていいものなのか・・・)は一通り完成しました。Python×Djangoで作れたので今のところは満足です。ただ、次のブラッシュアップしていく課題も見つかっているので、作業は継続して進めます。

さて、今回は、其の開発したアプリを公開したいと考え、まずは、Androidアプリの開発の経験値を積んでいこうと思い、備忘録をとっていきます。

開発環境
PC:MacBook Pro
OS:Big Sur
Python:3.7.6

PythonでAndroidアプリの作成手順

PythonでAndroidアプリの作成手順を「アプリを作ってみよう!PythonでAndroidアプリの作成手順7つ」を参考に書き出してきます。

  1. Pythonをインストール
  2. Kivyをインストール
  3. Buildozerをインストール(CrystaX NDK、Java Development Kit)
  4. Buildozeを起動
  5. BuildozeでAPKファイルを作る
  6. AKPファイルをAndroidに移動する
  7. Android端末でアプリの起動確認

Pythonはインストールされているとして、「Kivyをインストール」をすすめます。

Kivyのインストール

下準備

KivyはGUIアプリケーションを作成するためのフレームワークです。Kivyを使うことで簡単にGUIアプリを作成することができます。Pythonがインストールされていることが前提になるので、まずはインストールしておいてください。(不親切でごめんなさい)

pipやその他もろもろを最新バージョンにアップデートしておきましょう。

仮想環境を作成し、そこにKivyをインストールします。

仮想環境を作成することでプロジェクト毎にPythonのバージョンやパッケージを独立させることができます。開発する際には、Pythonが3.5なのか3.8なのか、Djangoが2.Xか3.Xなのかでコーディングも変わってきますので、間違えないようにするわけです。

ターミナルでいかのコマンドを入力して、フォルダを作成します。

デスクトップに「test_kivy」というフォルダが生成されます。そのフォルダ内で仮想環境を作成します。

フォルダ内に「kivy_venv」が作成されます。

仮想環境をアクティブ化を行います。
仮想環境は出来上がりましたが、そのままでは利用ができないのでアクティブ化をします。

「kivy_venv」を作成したフォルダ内で以下のコマンドを実行します。

行の先頭に(kivy_venv)と表示されていればアクティブ化できています。(base)は無視してください。

Kivyをインストールする

仮想環境ができましたので、これだKivyをインストールできます。
この時点で仮想環境はアクティブな状態です。

上記コマンドはKivyの最低限のファイルインストールです。他にも追加インストールはできますが、適宜プロジェクトに合わせてインストールしてください。

参考:Installing Kivy’s dependencies

Hello, World!を表示させてみる

Kivyが正常にインストールされたか確認するために、簡単なプログラムを実行してみます。

そう、おきまりのHello, World!です。

main.pyをtest_kivyフォルダ直下に設置してください。

コードを実行すると下記「Hello, World!」が表示されればOKです。

これで一旦、Kivyのインストール、動作確認は完了しました。

最後に

チュートリアル的にKivyのインストールをインストールを行いました。私的には、アプリ開発において環境構築が1番の苦手です。私のPCには不要な環境が多数存在していることでしょう。しかし、これでKivyを使うことで簡単にGUIアプリケーションを作成することがでるようになったので次に進めます。

多くの手順がありますが、できるかな〜。
頑張っていきます。

ABOUTこの記事をかいた人

Yoshimi

大学卒業して、キラキラしていたのでIT業界にはいりましたが、中身はブラックでした!!だから、投資技術を磨いて早くリタイヤしたいです。株価、Python、機械学習をもうもう勉強中です。