AGA治療はじめました。ローコストでAGA治療を行う方法

こんにちは、Yoshimiです。

機械学習でも、エンジニアでもない、ただのエントリーです。今回はなんとAGA治療に関してエントリーします。

「ブログ主ハゲなのかよ・・・」と悲観した声が聞こえてきそうです。

ハゲかそうでないかでいうと毛は薄くなってきているのかもしれません。(カミングアウト!!)年齢もあったり、ストレスもあったりでそういう原因で薄くなってきているのかな・・・と思うこともありました。しかし、確かに一つの要因かもしれませんが、実はもっと別のところにあり『根本的にハゲは改善できない』とのことです。100%解明されているわけではないですが、ほぼそうらしいです。

ということで先手をうっておこうかなと思いはじめてみました。

なんでAGA医療に興味を持ったのか?

まずハゲを知りましょう。

AGAはAndrogenetic Alopeciaの略称で、日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれています。AGAは成人男性に多くみられる脱毛症の一種で、現在では薄毛の症状に悩む男性のほとんどがAGAであるといわれています。
AGAは男性ホルモンに起因して発症する進行性の疾患です。主に額の生え際や頭頂部のつむじ周辺から抜け毛が起こり、時間をかけて少しずつ薄毛が進行していく特徴があります。また、AGAの発症には遺伝や生活習慣など様々な要因が関わっていると考えられています。AGAを発症した場合は、何らかの治療を施さない限り薄毛の進行を食い止めることはできないとされているため、早い段階で医師の診察を受けることが推奨されています。
引用:AGA(男性型脱毛症)とは

びっくりしませんか?

男性ホルモンに起因して発症する進行性の疾患ということは、男性ホルモンが多ければハゲる可能性が高いということになるイメージです。確かに、ボディビルダーの方なんかは筋肉を肥大させるために男性ホルモンを分泌させる筋トレをするわけですから、ツルツルの人も多いのかもしれません。(個人的な見解のためご容赦ください。)

そもそもハゲとか興味はない世界だったのですが、比較的長めの髪型から髪の毛をバッサリ切った時に思っていた以上に頭皮が気になったからです。もちろん一般的な気にならない程度なのでしょうが、なんとなくです。薬局で頭皮をケアする時に、育毛剤?を購入することがしばしばありました。すっきりしますしね。その時に、なんでこんな高級な物が置いてあるんだろ?と不思議に思ったこともあります。あとは給付金です。特に使い道もなかったので、ちょっと高い育毛剤を買ってみようと思い3,000円くらいの風呂上りにケアする育毛剤を購入しました。そこで成分を調べはじめて、たかいものってどんな成分なんだろ・・・とか、そんな小さいことの積み重ねがあります。

そして、何より、サラリーマンは結構はげている人見るのに、なんで芸能人にはハゲが少ないのだろうか?です。もちろん気にしていない芸能人、それを売りにしている芸能人も多数おりますが、あれだけワックスや髪の毛染めたり頭皮にかなりのダメージがあるのにハゲないのはなぜか?!というわけです。

  1. 芸能人は毛の量を維持するために何かしらしているのでは?
  2. 芸能人だからお金は持っているはず・・・高額でもOK
  3. 保険の治療かもしれない
  4. 「薄毛 発毛 育毛」で検索したらAGA治療にたどり着く

という感じです。

AGA治療または今の髪の毛を維持する処方は調べてみれば、非常に高価で月30,000円とか、50,000円とかの保険の効かない美容クリニックの部類に入ると思いました。そんなこんなで、給付金も出たしいっちょ経験してみるかとなったわけです。

そもそもなんでハゲになるの?

でも、待ってください。なんで世の中にはハゲる人とはげない人がいるのでしょうか?

私の知人も不摂生でもふさふさです。むしろ、偏見かもしれませんが、ホームレスの方は栄養バランスの良い食事とは思えない、喫煙もする、衛生的に大丈夫?というかたも多いと思いますが、むしろフサフサなイメージがあります。

そうなると仕事のストレス、日常のストレス、不規則な生活、油分とりすぎご飯、喫煙など様々な意見がありますが、その部分で不確かだよね。となりませんか?統計的に説明すれば「ハゲと各説明変数の相関関係は薄い」ということです。もちろん、全てが重なり合ってハゲになるということもあるでしょう。でも、不確かな要素がたくさんあります。

治療院の説明にもある通り、

遺伝が要因の一つとして考えられているAGAは、様々な遺伝子が影響していることが知られています。その一つに「X染色体」が影響しているといわれています。
引用:AGA(男性型脱毛症)とは

とのことですので、遺伝が強そうです。

治療薬に関して

AGAの治療にはいくつかの効果があると各AGA専門治療院でも記載があります。

AGAで有効だと言われている成分は以下3点です。

  • デュタステリド
  • フィナステリド
  • ミノキシジル

むしろ 1,000円〜3,000円くらいで販売されている薬局のスカルプケアに使われている成分「D-パントテニルアルコール」「グリチルリチン酸ジカリウム」など強くアピールしているページはい当たらないと思います。

つまり何が言いたいかというと、発毛、抜け毛予防に関しては「デュタステリド」「フィナステリド」「ミノキシジル」以外は有効度合いとしては低いのかもしれません。

デュタステリド、フィナステリド、ミノキシジルの成分に関しては、AGA治療院でしっかり説明を受けてください。

クリニックは非常に高い、そこまでして治療すべきか

AGA治療はとにかく高いという印象です。

内服の髪の毛が生え変わる周期(ヘアサイクル)を正常な状態へ戻すためのAGA治療薬(フィナステリド、デュタステリド)で1ヶ月4,000円〜、発毛・育毛促進ミノキシジルタブレット1ヶ月4,000円〜ですが、治療院によりまちまちです。そして、より効果を高めたい方は、ミノキシジルの配合された外用薬(液)3,600円〜の購入となります。1ヶ月のコストは10,000円くらいですね。

ちなみに私は初めは口コミやらブログでしっかり記事を書いているのかなどを確認させていただきクリニックを選びました。初月25,000円くらいしました!!!

なぜ、こんなに高いのか?というと保険がかからないためです。自由診療というやつですね。整形外科と同じくクリニックで自由に値段を決められるためピンキリとのこと。

この手の治療は半年以上の薬代などかかるので、単純計算して15万円くらいは見積もっておく必要があります。

ローコストでAGA治療を行う方法

頭の治療に15万円・・・しかもよくよく調べると遺伝のDNAを改変するわけでもないので、継続的に治療薬は必要とのこと。私の知人も私がAGA治療を受ける前にチャレンジしたらしいですが、薬をやめれば抜け毛は進行した。と言っていました。長い付き合いになりそうです。

ということで、毎月25,000円も払っていられないので、「成分が同じであれば安い方がいいだろ」ということでネットで探しはじめました。

デュタステリド、ミノキシジル内服、ミノキシジル外用薬合わせて1ヶ月6,000円!!!という驚きか価格。

なんでこんなに安いんだと見てみれば海外からの輸入物です。クリニックでは海外製品は本物かどうかわからないから購入しないよう注意喚起がなされていますが、そもそも100%生えるかどうかもわからないものに25,000円毎月支払うのあれば、口コミも多数あるし6,000円くらいなら勉強代として購入してもいいのでは?と考えています。

差額にして毎月約20000円も違うのは、すごいさです。

最後に

海外製品は半年間チャレンジしても30,000円ちょっとです。それで効果がなければ日本の製品に切り替えても良いと思っています。

毛は守るところに生えてくる・・・なんてことを聞いたことがありますが、その理論が正しいとはげている人はもう不要になったということになるのでしょうか・・・お〜こわ。

ABOUTこの記事をかいた人

Yoshimi

大学卒業して、キラキラしていたのでIT業界にはいりましたが、中身はブラックでした!!だから、投資技術を磨いて早くリタイヤしたいです。株価、Python、機械学習をもうもう勉強中です。